ハーフって羨ましがられるけど、逆にコンプレックスなんです。

私は人と瞳の色や髪の毛の色、そして肌の色が違う事で永年悩んできました。と言いますのも小さい頃というのは周りと違う、というだけでとても嫌な扱いを受けるからです。私はそれこそ子供の頃は酷かったです。

と言いますのも同学年の子供だけでなく学年上の先輩等、酷い時には教師ですら白い目で私をみていたからです。教師が白い目で見ていた、というのは子供は感受性が強い為に他人の敵愾心等を強く感じ取りやすいものです。

周りの大人達は勘違い等と色々な事を言ってきまいしたが、私が受け取る感情でしたので、根拠は確かにありました。そしてそういった悩みは幼少の頃だけではなく中学生、高校生、そして社会人になってもありました。

中学生の頃にはやはり虐めです。今でも人種差別のようなものは根強く残っていると思いますが私の中学生時代も酷かったです。やはり周りと違う、という事で虐めを受けました。

そしてそこでも教師からの助け船等なく3年間それに耐えていました。そして中学生時代も終えて高校生になりました。高校生になれば周りの環境も一気に変わる為一変する、と思っていましたがそれも浅はかな願いでした。高校生にもなれば確かに同級生からの虐め等もなくなりました。

やはり興味や関心がお洒落等に向かう為寧ろ同級生からは羨ましがられました。カラーコンタクトをしなくとも瞳の色が違う、髪の毛を染めなくても髪の毛が金髪等と羨ましがられました。しかし自分にその気が無くても目立ってしまう為に上級生から絡まれる等のハプニングは何度かありました。

そして、そこでも教師からは白い目で見られる事となりました。入学式の日と卒業式の日、両方共に同じ教師から髪の毛の色を注意されたのです。さすがにその時には教師には言い返しましたが。そしてアルバイトの面接も大変でした。何せ髪の毛の色が明るいというだけで面接で落とされた事すらありましたし、接客業でもあった為にお客に絡まれる、という事も何度もありました。

そして社会人になってからは、やはり面接の度に髪の毛の色を注意されました。そして面接の度に髪の毛の色を黒く染めて受かっていました、がやはり髪の毛の色を染めると元の顔だちと合わない為に浮いてしまうのです。

そういった見た目のコンプレックスの為に損をしてきた事も多々ありましたが時代が変わったからなのか少しずつ風向きが変わってきました。髪の毛の色は個性、と捉えられ始めて少しずつ受け入れられるようになっていきました。その為今は私は自分の髪の毛の色で受け入れられありのままの自分で生活できるようになりました。

鼻が低く、貧相な顔で悩まされてきました。

少なからず人間というのは自分の体が完璧であると思っている人はおらず、優れた人や恵まれている人であろうと思うそれなりに自分の体にコンプレックスを持っているということはあるでしょう。

私もそうした事があり、一つとして鼻があります。高すぎるとそれは逆に不格好ではあるのですが低すぎるとこれもまた不格好という微妙なバランスを求められるのが鼻です。私は鼻が低いのでその点についての多少のコンプレックスを感じているということがあります。

はっきりと言ってしまうとものすごく損になるのはビジュアル的な問題なのです。鼻が高い方が基本的には美しい顔になることが多くそういう意味では私はイケメンではないです。また、割と大変なのは眼鏡をかける時に鼻に引っかからないので、すぐにずり落ちてくるということもあったりします。

これはビジュアル的な問題ではないのですが、地味に辛い部分でもありました。何か鼻によってビジュアル的にバカにされたりということがあるのかと言いますと例えば鼻が低いねと言われるようなことはありました。

相手にとってはたいしたことではないということになるのかもしれませんが気にしている本人としてはかなり厳しいことでもあります。何かしら対策をしたいと思うのですが、つけ鼻をつけるわけでもありませんし、鼻ならばヒアルロン酸などを入れることによって多少高くするということはかなり簡単にできるのですがそういうことはやらないで鼻を高くするというようなグッズを色々と試してみたのですが結果としては特に変わることはなかったです。

どのようにそれを受け入れるようになったのかと言いますと、人の顔というのは生まれつき決まっている部分があるものでありな整形手術などがあるのは確かですが、そこまでする気がないのと言うのであれば気にしないようにということを考えるようになりました。

そもそも確かに鼻の高さというのは美醜に大きく影響することになるわけですがそれ以外にも鍛えるべきところはいくらでもありますしスタイルを良くするというだけでも相当に見た目としては良くなるわけですからそちらの方を意識するようにということであまり考えないようにするということが、一つの私の防衛策ということになりました。

これだけでも意外と気にする時間帯が短くなり、今ではもうどうでもよくなっています。整形でもしない限りは変えることはできないのですから、気にしない、ということが一番だと気づいたわけです。

タレ目のせいで、人が良さそうに見えるのが逆にコンプレックス。

私はたれ目なのです。めちゃくちゃ目が垂れている訳ではないのですが、正面から顔を見てまじまじと目を見つめてみると明らかに左右両方の目尻は下がっていることが分かります。

たれ目だと人によっては優しい雰囲気があるのでいいんじゃない?と言われることがあります。それは確かにそういう部分もありますが、実生活では明らかに損をしている方が多いのです。例えば、会社では上司や同僚に完全にナメられていると思える節があります。

多分、たれ目であることで私の人格が気弱に見えるのではないかと思います。ですから、会社では他の人に比べて上司から叱責を買いやすかったりします。同じようなミスをした同僚は決してその上司から怒られることはないのに、私だけは怒られてしまうということがあります。

同僚からもどうもたれ目であることで私の見た目についてい、からかわれるような事が頻繁にあります。いくら怒ってもたいして迫力がないからなのか、からかわれるようなシチュエーションは全くなくなりません。

一度、私は自分の過去の写真を改めて見ていて、少し驚きました。どの写真も下を俯き加減になっていて、いかにも自信がなさげに写っているのです。自分がたれ目であることに強いコンプレックスを抱くようになったのは中学2年生の頃からだったのですが、その頃の写真にまでさかのぼって見るとどれもこれも目線は下を向いていていかにも自分に自信がなさげに見えるのです。

ほとんどの写真でこう見えるのですから、私の実生活では他人からはいつもこのように自信がなさげな人間に映っているのだろうと、その時はっきりと自覚するようになりました。

この時、私は自分自身を変えないといけないと思いました。まずは見た目の改善です。目尻が下がっているので、それをカバーするには眉毛の形を見直すことが手っ取り早いと人から教えてもらいました。ですので、眉毛の形を以前よりもシャープな形にしてみたのです。顔の中心から目尻に向かって眉毛が上を向くような形に整えてみました。

すると上向きの眉毛とたれ目がなんとも良く合うようになり、顔の印象が大きく変わったのです。以前のような自信なさげな雰囲気があまり出なくなりました。そして私はなんでも物事は意識してはっきりと言うように心がけました。なんでも他人に対してはっきりと断言するように伝えると、相手は私のことを甘くみたりはしないものです。実際、そのように自分自身を変えるようにしてから、それまで私のことをナメていた感がある上司や同僚達の接し方は大きく変わってきたのです。

今はたれ目である事のコンプレックスはほぼ私の中からは消えたと思っています。眉毛の形を変えた事で、見た目の印象は大きく変わりました。人間はビジュアルで外見だけでなく大きく内面的にも変わるものだという事がよくわかったのです。ビジュアルを変えることで私は内面的にも成長することが出来ました。今では人と接する時、はっきりと自信を持って接するようになったので、以前のように優しそうとか自信なさげと人の目に映っていた私はもうそこにはいないのです。

やはり、太っている男は世間の評価が低いのが実情です。

私は40代の男性です。
最近感じる外見のコンプレックスは、太った体型です。

私の身長は176cmで体重は85kg、ズボンのウェストは90cm前じゃないと履けません。
普通サイズの洋服売り場にギリギリ取り扱われてるサイズって感じですね。
シャツ等もLサイズですんでます。
でもゆったりではなく、結構ギチギチなんですよね。
まあ服は着れても似合わないって感じです。

この外見のせいで、他人から低い評価を受けてます。
女性は太ってる男性って嫌いでしょうし、夏場なんかは汗臭いと嫌がられます。
男性からも、デブは暑苦しいんだよと避けられることが多いです。
自分の体の全体像がみた時は、不恰好だなと痛感しています。

この見た目のコンプレックスと言われば、20代半ばに体型を理由に彼女から振られたことです。
学生時代は体重50kg台の痩せ方でした。
このやせてる時に出来た彼女だったんですよね。
社会人となった私は好きな物を好きなだけ食べるようになり、体重はドンドン増えていきます。
結果25.6歳の時には100kg近い体重になってました。
彼女から別れを告げられた時、理由は何?と聞くと「太ってるのがイヤ」と言われ、以来体型コンプレックスとなりました。

当時はこれがショックでダイエットを頑張ったこともあります。
三ヶ月で100gあった体重を60kgまで減らすという、三ヶ月で40kgダイエットを成し遂げました。
辛いダイエットでしたが、私をフッた彼女を見返してやる!という気持ちがこの苦痛を乗り越えさせてくれました。
しかし彼女には新しく彼氏が出来ており(実際にはこれが本当の理由だったようです)、復縁はならず。

その後も、同じ失敗は繰り返してはいけない!とスタイル維持には気をつけてきたんですが、3年前に骨折してからまた太りだしました。
骨折治療で2ヶ月寝たきりでしたし、リハビリの4ヶ月間も自分の身の回りの事は出来るものの最低限のことしかしてませんでした。
この生活で筋力は衰え、一気に太りやすい体になったんです。
たった1年で68kgだった体重は85kg、つまり現在の体重まで増えました。
瘠せようと頑張っても低下した体力と骨折の後遺症で満足に運動することもできません。
食事制限をすると、胃がキリキリ痛んで挫折。
そして現在の体型のまま過ごし、コンプレックスを抱えたままというわけです。

現在も体型コンプレックスを解消すべく、痩せようとは努力しています(ダイエットサプリの服用等)。
しかしなかなか上手くいかず、鏡を見るたびに自分は太ってるんだと痛感してガックリしてます。

コンプレックスは強面だが改善の余地あり!?

自分の見た目のコンプレックスは強面だということです。子供の頃はあまり意識はしていなかったのですが、大人になるにつれて自分は強面なんだなと思うようになりました。

はっきり自分がコンプレックスだという認識を持った出来事は、社会人になってアパレル販売をしたときです。入社したての自分を見に、店長よりも上のエリアマネージャーよりも上のスーパーバイザーという物凄い偉い上司が来てしまいました。自分がレジに入っていると遠くからずっと見ているのです。

そうしたら裏のストックまで呼ばれて叱られました。「顔が恐いし無口だしロボットみたいだ」と。そこから自分もそこまで顔を意識しなかったのですがコンプレックスになりました。ただ普通の顔をしているだけなのに怒って見られたりします。販売をする側にとっては確かにダメなことです。お客様が近寄らないのです。店長にも「口角が下がっているんだよ。あなたは人一倍上げないと」と何度も何度も言われていました。そういった経験をしているので鏡で口角を上げる練習をしたり、口角だけ上げても物足りないので目を大きく開いたりする努力をしました。

実際販売では、そのような明るい顔が作れたとしても、時間が経ったり疲れが見えてくると普段の自分の顔に戻ってしまったりしていました。そこで、幾ら頑張ってもその明るい顔は続けてられないと思いました。見切りをつけた自分が次に考えた行動は「とにかく喋る」です。喋ると無意識に笑ったり活き活きするので、顔が明るくなることが分かりました。強面だからとかではなく、口数が少ないと近寄りがたいイメージを持たれてしまうのかなと考えるようになりました。

それからは仕事でもプライベートでも自分からとにかく喋りに行きます。そうすると強面でも性格を見てくれているので、すぐに心を開いてくれるのです。顔は変えることが出来ないので性格を少し変えてよく喋る人を演じてみようと思いました。

現在もやはり自分から喋りに行かないと誰も寄ってきません。こういう時に、顔が優しい人や表情が柔らかい人は良いなぁって思う時があります。何もしてないのに怒っているものと見られてしまいます。

しかし、その部分は受け入れているので、無口にならないように日々心掛けています。一旦、自分のコンプレックスを受け入れてしまうと気持ちが楽になりました。逆に自分から「怒ってないからね!」という感じで自分をさらけ出すことも出来ているので、アパレル販売で叱られた瞬間に出来たコンプレックスは転機だと思うようにしています。

見た目のコンプレックスは以上ですが、実は下半身にコンプレックスを持っている私です・・・ABCクリニックで包茎手術】※リアルな体験談を集めました! |

サル顔な私。昔からこの顔で苦労してきました。

人間誰しもコンプレックスのひとつやふたつはあるものですよね。私のコンプレックスは顔が猿に似ている事です。小学生の頃は、それが原因でいじめを受けた事がありとても悩みました。

私が受けたいじめは、直接暴力を振るわれるような酷いものではなかったのですが「早く動物園に帰れ」とか「人間の学校に来るな」などの言葉の暴力を毎日受けていました。しつこいいじめっ子とは何度も喧嘩になった事があり、喧嘩の原因を説明しても大人が理解してくれず私の方が怒られる事も多々ありました。

高学年くらいになると、芸能人のナインティナインの岡村さんが売れ始めてテレビに多く出るようになると、私のあだ名は猿から岡村になりました。正直な気持ち猿と呼ばれるよりかは、岡村と呼ばれた方がまだましだったので少し気分は楽に。下手くそでしたが、岡村さんのモノマネなどをすると、笑いが取れたのでコンプレックスを逆に活かしてクラスの人気者になれた時はすごい嬉しかったです。

中学生になっても、岡村さんのモノマネでクラスの中心にいるような生徒だったのですが、みんなの中心でふざけていたせいで先生達に目を付けられてしまいクラスで一番叱られる存在になっていました。その当時好きだった女の子にも、顔がタイプじゃないと振られてしまい少しずつ落ち込み卒業するころには影の薄い生徒の一人でした。

一度はコンプレックスを克服出来たような時期もありましたが、高校入学くらいから鏡を見るのが辛くなるほど思い詰めるようになり、親に「なんでこんな顔に産んだんだ」と八つ当たりしていました。今思えば、両親の両方が猿顔の親でしたからどうしようもない事を親に言ってしまったと思います。

高校3年生の時に、初めて彼女ができました。その彼女はナインティナインの岡村さんの大ファンで、岡村さんに似ている私に一目ぼれしたと告白してきました。猿顔にコンプレックスを持っていたので、岡村さんに似ているという理由での告白はあまり気分よくなかったのですが、私には勿体無いくらいの可愛い子だったので付き合うことにしました。

そんな彼女から岡村さんのモノマネをリクエストされると、最初は乗り気じゃなかったのですが彼女がゲラゲラ大袈裟に笑ってくれるので、私も嬉しくなり彼女の前ではコンプレックスを克服する事が出来るようになりました。今では私の妻になり、可愛い子供まで産んでくれました。残念ながら子供は妻に似ずメチャメチャ猿顔ベイビーです。

筋肉をつけたい!ガリガリ40kgもやしっ子な私。

私は小さい時から、背が小さく、顔もイマイチ。歯並びが悪いなど、コンプレックスの塊のような男です。背や顔などは仕方ないと割り切っています。ですが、小さい時から体重が増えにくい体質でした。今現在の体重は40kgです。「凄いスマートじゃん」と思われるかもしれませんが違います。

私の体は脂肪が無いのですが、筋肉も無いので力仕事や日常生活で苦労しています。筋肉が無いので、力仕事のアルバイトも周りよりも仕事のスピードが遅いです。重いものを持ちあげるのも一苦労。更に体力が無いので、成人男性よりも疲れやすいのが特徴です。

食欲は普通にありましたが、なぜか筋肉がつきません。このガリガリもやしっ子な体のせいで、過去に苦労したことがありました。去年の冬に宅急便の仕分けのアルバイトをしたことがありました、短期のアルバイトさんのなかでは男性陣の中では最年長でした。ですが、筋力が無いので周りの学生アルバイトよりも仕事の出来が劣っていました。

同じ短期のアルバイトからは「あいつ使えねぇww」「役立たずが」などと陰口をたたかれることが多かったです。精神的にも体力的にもきつい仕事でした。今でも短期のアルバイトで、宅急便の仕分けの募集を見かけても「自分は役に立たないんじゃないか?いない方がいいのではないか」と躊躇することがありました。

私はこの体型から脱却するために、まずたんぱく質の補充を考えました。たんぱく質の補充のために、プロテインの購入を考えました。ですが、私は現在まで無職だったのでプロテインを買う余裕が無かったです。もやしっ子な体の私ですが、食欲は成人男性よりもありました。

夕食時に家族より、よく食べていました。ですが、どうも食べ過ぎると排便することが多くなり、食べた分が無駄になったこともありました。やはりこの自分の体形を改善するにはたんぱく質が欲しいと思っています。ですが、金銭的に余裕が無いのでプロテインを買う事を見送ることが多くなりました。

現在は、自身のやせ形の体質は今でも嫌いです。正直言って、向き合いたくないです。今は郵便局でゆうパック仕分けのアルバイトをしています。仕事で足を引っ張ることが相変わらず多いです。まぁ、解雇処分を受けるまで自分なりに頑張ろうと思います。内職で簡単なタスクの仕事も始めたので、いずれプロテインを買う事を目標に仕事を続けています。寝たきりになるのも嫌なので、運動する機会を増やしつつたんぱく質の補充も心掛けながら、自分の体形改善に努力します。

体毛が凄すぎてキモがられている。毛深くて損してきた人生。

最近の若い子たちは男の子でも美意識が高いですね。まさにムダ毛なんてものとは無縁とも思えるほどです。実に羨ましい。生まれつきなのか努力の賜物なのか・・・私の体毛は、どちらかと言えば濃い!部類なんだと自覚はしております。私よりももっとモジャモジャな人もいるでしょうが、それはそれ。腕毛はそれほどでもないのですが、スネ、ふくらはぎは濃くハーパンを履くのは抵抗があります。あと、脱いでもすごいんです。モモの裏から肛門にかけてびっしりと。性器も半分くらいは毛がありますね。自分でも
ヒキますよ、さすがに。なんでこんなとこまで生えてくるんでしょうかねー。専門家の方がいればご意見お聞かせ願いたいです。記憶は定かではありませんが、思春期の頃、毛深いと女子にモテない、そんな事を雑誌で読み、一度ぜぇ~んぶカミソリで剃ったことがありましたね。剃りたてはなんだかスースーして
「あ~、毛が薄い人ってこんな感覚なんだー」と思ったものでした。しかし、そんな感覚は2.3日だけで次第にチクチクしてくるんです。毛が伸び始めるんですね。当然ですけど。もうこのチクチクは地獄でしたね。で、なんかやっと落ち着いたなと思った時には、割と元の毛深い状態に戻っていると。というか元以上に毛が丈夫になり、より毛深く見えるっていう。毛深い人ならあるあるなんじゃないかと自分では勝手に思ってます。今やいいオッサンになってしまっているので、以前よりもムダ毛のコンプレックスは減ったと思います。逆に私ではなく一緒に歩く妻がみっともないからハーパンは履くなとか家の床にムダ毛が落ちていて気持ち悪いとか風呂に毛が浮いてて気持ち悪いとか言いますね。結局毛深い男は悪みたいな感じになってますね。今でも。自分では昔ほど気にはしてないんですけどね。でも、子供とスーパー銭湯とか行って、他の体毛の薄い男性を見ると自分もああだったら良かったのになぁと思ったりもします。もしも自分のすね毛が薄かったら、人生変わっていただろうか。もうちょっとだけモテたかな。今でもカミさんにキモがられずに済んだかな。あ、でもやっぱだめだ。チビだし。まあ、今から背も伸びないし、すね毛も変わらないんだろうから、そんな事よりももっと自分が楽しめることや好きなことを考えて、残りの人生過ごしていった方がいいですよね。というかこの歳になるとふと思い出すくらいでしかなくなりましたね。ムダ毛の事なんて。さらばムダ毛。なくなってないけど。